SRX

以前所有していたヤマハSRX400改です。
実車はFフォークは正立のままでしたが、何だかちょっと間伸びしているかな。
b0078754_19261943.jpg

[PR]
# by iwayoshi44 | 2006-05-19 19:27 | らくがき | Comments(2)

パーソナル・カラー&ナンバー

自分のパーソナルカラー(あえてラッキーカラーとは呼ばない)は黒。
パーソナルナンバー(あえてラッキーナンバーとも呼ばない)は4。
服から小物から身の周りの物は黒が多い、これに他の色を絡ませるなら絶対白(もしくは銀、灰色かな)、自分で選ぶと黒系ばかり。
4と言う数字にも子供の頃から拘りがある、今も何かにつけ使用する。
(意味はあえて言いませんが)
みなさんも拘りの色や数字ってありますよね?
[PR]
# by iwayoshi44 | 2006-05-19 16:57 | etc | Comments(0)

「オーシャン」

十数年前、始めてPCを知人から譲っていただいた頃、
黙々とド素人ながらイラストを書きまくっていた。
しかもX68000だよ!当時よく分からなかったけど使いやすかった(マニアの間では名機らしい)
その後X68030へと移行したが。(これも凄いな〜)
幼い頃から絵を書くのが好きで将来は漫画家かイラストレーターやら絵絡みのデザインみたいな仕事ができればな〜、などと朧げに考えていたっけ。
現在はMacユーザーで以前慣れ使用していたイラストソフトが使えず滅多に書きませんが。

ド素人だからイラストソフトの技術も分からず、ひたすらマウスで線引いて1ドットの拘っていた頃の作品が未だに残っている、そんな過去の落書きシリーズです。
これは何かのCDジャケットを見て書いてみました(エラい時間掛かった記憶がある)
b0078754_1304261.jpg

[PR]
# by iwayoshi44 | 2006-05-19 01:31 | らくがき | Comments(0)

大好きなレーサー(その1)

福田照男、1986年に引退してしまったが尊敬するライダーの一人だ。
’80にレースデビュー〜’83にはA級チャンピオン、翌年’84年に世界GP250にプライベートフル参戦。その年の最終戦サンマリノGPにてトップ争い中にクラッシュ。
入院中に翌年’85年からHRCと契約成立、開幕戦前のHRCカリフォルニアテストにて又もクラッシュ(両足骨折、脊椎圧迫骨折)して長期欠場して約1年半の入院生活をおくるが
’86年もHRCのワークスライダーとしてNSR250で参戦決定していたけど、
体調やモチベーションや落ちてしまって止むなく引退してしまった。
(後の本人のコメントも潔かったけど悔しかったであろう)
ライダー福田照男+メカニック周郷(元片山メカ)
+ワークスマシン(ロスマンズカラー)NSR250の戦いは見てみたかっただけに残念だ。
b0078754_173340.jpg


引退後はモータースポーツジャーナリストとして雑誌やTVレースの解説として活躍していた。
特にライディングやTVレースに関しての解説は分かりやすく丁寧で話も走りもグングン引き込まれる魅力があったね。引退したとは言えその走りはキレもあった、さらなる活躍を期待したけど、最近各メディアなどでも全く姿を見せなくなってしまった。
確かビュエルを所有していたらしいが、噂では(’90半ばかな?)一般道で車に追突され重体と聞いた。今はどうしているのだろう?バイクに乗れないほどの後遺症が残ってしまったらしいけど、TV解説ぐらいでも再開してくれないかな?元気な声を聞きたいですね。
[PR]
# by iwayoshi44 | 2006-05-18 17:10 | レース | Comments(0)

自分の事のように嬉しかった事。

1993年のお話、全日本選手権ロードレース筑波 第4戦 GP125。
その年はホンダRSワンメイク的な125クラスにヤマハTZが1台のみ参戦しはじめた年だった。(1台なのでほぼワークス体制だったろう)
ジーズン開幕戦からヤマハTZは速く連戦連勝ぶっちぎりな状態。
そんな中、近所の友達(N君ホンダRSユーザー)がついに優勝した♪
予選は6位、スタート直後からトップグループ後方につき、後半にてスパートかけ見事優勝でした、その年始めてヤマハ以外のマシンが勝った時だった。
N君は中学卒業からバイト生活を続けながらず〜とレース活動していた。
ノービス〜B級〜A級と昇格していったが、A級昇格後は中々勝てない日々が続いたろう。
そんな姿を近所だし友達だけに見ていたから優勝した時は自分の事のように凄く嬉しかった。だってその年の数戦行われるレースの中で1度日本一になったって事だからね、凄い事だよ。

その後の活躍も期待したがプライベートにて不幸な事故にあい結局それが原因で引退してしまった。
その時期は今ほどメジャーでは無かった125クラスが注目され始めて、
世界GPにも多数の日本人がフル参戦していたから凄く残念だった。
「もしも」があるなら世界GPに挑戦していたかも知れない。
引退後での遊びで参戦したミニバイクレースを見た友人の話では、
走りが他のライダーとは別格で、「ブレーキングでも数台まとめてゴボウ抜きだ」と、
やっぱりプロのトップライダーの走りは強烈で一般人レベルじゃないらしい。

引退後はバイクショップにメカとして働いたりして、今では自分でバイクショップを経営しているようだ。
そのショップでは80や125やGP-Monoなどのレースに力を入れ若者達へのレース界への窓口的コンセプトでやってるらしい、N君自身もS80クラスなどに参戦して草レースながらも未だにレースを楽しんでいるようで、つい先日での筑波(S80、GP−mono)でも優勝したようだった。ず〜と脇目も振らずバイトしながらレース一筋だったから、今ではバイク関係な仕事に携わって、長い努力が報われたようで嬉しく思える。
[PR]
# by iwayoshi44 | 2006-05-18 12:47 | レース | Comments(0)

趣味(バイク、etc)の日々を綴る独り言。画像の無断転写使用お断り。


by iwayoshi44
プロフィールを見る