<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

時間が欲しい

毎日色々忙しいし出費も激しい、一日30時間は欲しいし金も欲しい(^^;
体も2つ欲しい(コピーロボットが欲しい)。
はあ〜暑いから避暑地へ走りに行きたい、気持ち良〜〜く走りたい。
b0078754_19284175.jpg

[PR]
by iwayoshi44 | 2006-07-30 19:29 | ホビー | Comments(0)

I get〜♪

やったッス!やったッス!オイラついにやったッス!
以前もネタにしたけど15年ぐらい探し続けていた品をゲットしたよ〜!超嬉ピー♪マンモス嬉ピー♫何年ぶりだろ、この言葉に出来ない嬉しさは(自分、単純な者で)しかもSサイズでラッキー。
b0078754_17391875.jpg

[PR]
by iwayoshi44 | 2006-07-27 17:40 | バイク用品 | Comments(0)

ヒュ〜、ドロドロドロ〜((xx))

夏なのでちょっと涼しげなネタで。
今から6年前の秦野のヤビツ峠の滝にてパチリ。
撮影してくれた知人に写真送ってもらって超ビックリ!「おわ!ついに自分にも!!?」と震え上がりました。悪趣味な加工して黙って送るんだもんな〜、マジビビったよ〜。
見る人が見ればすぐに加工したと分かるらしいんだけど、自分は純粋なもんで素直に信じ込んでマジ怖かった(^^; しかもすぐ確認の電話して「何だか写真変じゃない?」と聞いたのにも関わらず、しらばっくれて「え?そう、普通に撮った写真を送っただけだよ」とかって普通に返事するんだもんな〜、人が悪いよ。当時、身ごもっていた妹に見せたら「わ!流産するかと思った!」とビビってました(だって自分だけ騙されるのってシャクじゃん) ちなみに飯島直子の顔をそれっぽくハメ込んだらしい。ちっ!単純な手に引っかかったな〜、知人はしてやったりと大ウケしてたし。
b0078754_23481112.jpg

[PR]
by iwayoshi44 | 2006-07-25 23:54 | etc | Comments(0)

まさに〜♪

本日は買い物ついでにラフ&Oードへ寄ってメットのシールドを買ってきました。店内を色々と物色、何度も物欲に負けそうになりましたが、みごと誘惑に屈せず帰ってきました。(あ、今回のネタは買っちゃったけど)店内物色中に偶然発見したステッカー!まさに自分のためだけに売っているかのように。これは小細工に使えるな〜。
b0078754_21218100.jpg

[PR]
by iwayoshi44 | 2006-07-24 21:03 | バイク用品 | Comments(0)

本来ならば

現在のヘルメットはこのカラーリングになる予定でした。
b0078754_12381218.jpg

当時のSUZUKIワークスの辻本聡選手が500cc電撃参戦した年の新しいデザインのメットです。辻本選手も大好きなライダーなんです前年以降のF-1クラス(750ccクラス)から速く、
長身で甘いマスク人懐っこい笑顔で人気のあるライダーでした。
しかも近所に引っ越してきたらしく(別荘かな?)実際何度か見かけた時は驚いた!緊張して声も掛けられなかったよ〜。

以前はヨシムラ所属だったからチームカラーのメットでしたが、新たに500クラス参戦にあたり個人のカラーリングになりました。SUZUKIのRG-Vγのスポンサーカラー(シック・アドバンテージ)でまさにシックでカッコいい!(当時の自分のバイクも発売したばかりのRGV-γ250のシック・アドバンテージカラーでした)で、それから数年後にBUELL所有時に思いきってショップへペイント依頼しました。
色々探して千葉県の某ショップに依頼決定、実際プロライダー達のヘルメットやタレント所有バイクなどもペイントしているので安心して任せられるなと。
しかも他店よりも基本的価格が安かったのです(本業はバイク屋ですが)ショップまで出掛け参考ビデオを持参して「この辻本選手のメットのカラーリングにしてください」とお願いしました。しかし一ヶ月半ほど待ってもショップからは連絡も無いので、こちらから痺れを切らし連絡してみた所「参考ビデオだと静止画じゃないのでハッキリ分からないので、ネットでも資料をさがしたのですが全く参考となる画像が見つかりません」と言われ、自分ちょっとキレぎみに(と言うか呆れぎみに)「じゃあ何故もっと早く事情説明の連絡をよこさないのですか?」と問うとショップの方は「すみません、本業のバイクショップのほうが忙しくて...」と言い訳がましく。
本業がバイク販売&修理でもペイントに関しても堂々と看板出して、お客から金取って商売してるのに、その対応と言い訳はちょっと無いよね〜。自分もお客商売してるけど、そんな対応していたらお客さんが逃げるよ!ちょっと唖然としちゃいますよ!!

もうね、本当にガッカリで怒り心頭で断ろうと思ったけど、メットはショップに置いてあるから、
違うデザインで依頼しました(それが今のデザイン)
デザインがシンプルだったので2週間ほどで完成しました。
当初の依頼した辻本レプリカでも現在のカラーリングでも3色ほどのシンプルデザインなので価格は¥30,000ぐらいと言われてましたが、ショップ側の好意(謝罪特別価格)により¥18,000だったからラッキーではあったけどね。
ひょっとしてこの先に又依頼する事があるかも知れない、が過去での失態を繰り返さないように学習している事を願う、ショップの雰囲気も良かったし価格設定も安いし仕上がりも満足できただけに、このような対応は残念に思った。
[PR]
by iwayoshi44 | 2006-07-24 12:53 | バイク | Comments(0)

CRM250R

ゼファーからの乗り換えマシン、初のOFF車です。HONDA CRM250Rです。
OFF車だからってオフロードを始めようって訳じゃなく、自分は完全にオンロード専門ですから。
それまで「OFF車は走らんだろうな〜」なんて思っていたんですが、乗ったらビックリですよ、マジで速いです!2stなんだけどどの回転数でもトルクモリモリ流石HONDAですよ〜、加速も400ccマシンにも負けないほど最高速も160近く行くんじゃないかな?
昨今のOFF車(レーサーレプリカだよね)はこんなにも速いのか!&OFF乗りな達人はこんな速いマシンをダートで操るのかと驚きました。
軽い車体とパワフルなエンジンで凄いですよ、2st単気筒250ccだもんね、スーパーバイカーズ(最近はモタードと言うね)マシンが何処でも速いはずだよ。交差点など直角なコーナーなんか早めのアクセルONで立ち上がるとリアはズルズルと流れますよ、気分は500ccマシン♪ノーマルで乗り続けてましたがONタイヤ履いたり足周りイジったら相当ヤバいね、軽いからアクセルもガンガン開けるしコーナーでも寝かすし「こりゃ〜飛ばしすぎて自制心失いそうで、やっちゃったら(転けたら)ヤバいな」って感じで麻薬的マシンで凄く面白かった。
とにかくOFF車の進化に驚きましたね。
b0078754_1165094.jpg

[PR]
by iwayoshi44 | 2006-07-21 11:07 | バイク | Comments(0)

ゼファー400

過去中型へとステップアップしてRGV-γ250に数年乗ってたんですが、事故に合い仲間達も四輪へと移行し自分のモチベーションも下がりかけた時、カワサキからゼファー400が発売されました。当時はスタンダードなネイキッドモデルも少なく雰囲気も良かったので乗り換えました、「しばらくはコイツでのんびり走ろうかな」と。
がしか〜し自分の性格には全く合いませんでした、使い勝手は良いからソロでのんびりと雰囲気を楽しむには良いんですが、遅いんです、トルクが細い感じです。
自分的には飛ばすんでもゆっくりでもエンジンパワーはあればあるほど良い、あって邪魔な物じゃないしね。ツーリングへ出掛ける事も無く1年ぐらいで手放しちゃいました(^^;あんまり思い入れないね。
これが切っ掛けで4st4発は以後選択肢から消えましたね。(それなりな4発はパワーあるんだけどね)
ゼファーはYAMAHAのSRみたいに雰囲気を楽しみながら、バイクとシンプルな付き合いしなきゃ駄目だね、飛ばすライダーには向きません。
b0078754_10371137.jpg

[PR]
by iwayoshi44 | 2006-07-21 10:39 | バイク | Comments(0)

RZの末っ子

過去所有原付シリーズ完結編です。(爆)
大好きなRZシリーズの末っ子のRZ50ですね。
本家RZ250/350と比べると全体的に角張ったデザインですが、
乗り味はしっかりRZしていましたよ(本家のような二段ロケット加速は無いけど)
色々と当時なカスタムしていましたね、この頃も春夏秋冬と何時でも何処へでも走りに行ってました、真冬なんか今みたいな冬装備も無かったし買えなかったから、普通なカッコで上着の下に新聞紙入れたりしてましたし、グローブも3シーズン物とかでガタガタ震えながらも走りまくってた。
原付って気軽に何処でも全開できるから、回す楽しみ感が良いですね。
下りのコーナーなんか一番速いんじゃないかな〜、懐かしいし面白かった頃でした。
b0078754_201533100.jpg

写真は友人のγ50とツーリングに行った河口湖大橋で後ろに富士山が見えます。
自分はC.サロンのレプリカ(KIWIのメット)で友人はB.シーンのレプリカ(agvのメット)う〜ん、時代だね〜(^^)¥
[PR]
by iwayoshi44 | 2006-07-20 20:24 | バイク | Comments(0)

舐めちゃいけない空気抵抗

大昔、原付バイク三台目のYAMAHAのYSR50です。
こいつやその前所有のRZ50などでミニバイクレースしたりしてました(実際には練習走行ばかり)
当時、ツルんで毎日一緒に走っていた友人(SUZUKI RG−γ50)と走っていた時のお話です。
以前のRZ50で走っていた時はγ50との性能差は五分だったので毎回バトルが楽しかったが、乗り換え後のYSRの性能は低く、γ50の友人はガッカリしていたっけ。
(もう同じペースで走れない、ホントYSRはカッコだけ)
実際γ50の最高速は100km、YSRは85kmでしたので一緒に走っても辛いんですよね。

ある風の強い日の事、いつものように友人と一緒に走り回っていました。
長さ400Mの橋の直線で両車フル加速、強〜い向かい風でした。
友人が前を走り(その差8Mほど)その後をYSRで追いました、いつもなら85kmからは簡単に引き離されるのですが、向かい風なので半信半疑でカウルの中に潜り込みベタ伏せ走行してみた所、な、な、何とジリジリと友人との距離が詰まりだしたのです!
内心「え〜、まさか〜!?」と思いながらも伏せて行くと、そのままジリジリと追いつき、さらに追い越し、さらにさらに友人を引き離し出したのです!!
友人もビックリしながらも伏せて追いかけて来ますが全く追いつかず、その差は開く一方ですよ!γ50の小さいビキニカウルではYSRのフルカウルの空気抵抗には敵わないようでしたね。
50ccのオモチャみたいなフルカウルでも効く(空気抵抗)んだな〜と実感した初めての出来事でした。やっぱり風の抵抗は舐めちゃいけませんね〜、50ccで100km以下で効くんだもん、ビックバイクでの高速域ならさらに効くんでしょうね、マジびっくりしたな〜。

b0078754_21575147.jpg

[PR]
by iwayoshi44 | 2006-07-19 22:00 | バイク | Comments(0)

BEAT

BEATって知ってます?軽自動車のオープンカーじゃないですよ、
今から23年前に所有していたHONDAの水冷スクーターです。
当時は初期型ジョグやタクトばかりなスクーター界にしては斬新メカ奇抜なデザインでした。
動力性能では水冷エンジンなんですよ!車のようなフロントグリル内にラジエターがあり、チャンバー風なノーマルマフラーです。
50ccなのに可変バルブですよ!しかも手動(左フロアのペダルを踏み込むから足動か)で一定の回転数からペダルを踏むとバルブが開き高回転でパワーが盛り上がる機能です。
当時の50ccの最高出力は7.2psまでで、こいつは唯一スクーターで7.2psなんです、
他のスクーターは6ps以下なのに、だからトルクもあり登り坂が速いです。
しかしリミッターがピッタリ60kmで効いてしまい、ジョグなどのスクーターに伸びで簡単に抜かれてしまいます。
足周り車体系もしっかりしており軽い50ccだからとフラフラするような怖さは全く無く、センタートンネルのフレームで安心でブレーキも効いたしね。
デザインでは凄く人目を引き超目立ちました、近未来な感じで世に出るのが早すぎたようです。
フロントグリル(ラジエター)の両サイドに角形デュアルヘッドライトで車みたいで、ハンドルにもポジションランプがあり前から見ると下に2灯、上に2灯でかっこ良かった。
まだメットインなど無い時代でしたが、フロントのカウル内に多少の荷物が入りました。

当時の自分には知識もお金も無くノーマルでしたが、イジれば本来の力を発揮しそうでしたね、今現在でも通用するデザインだしパワーアップも容易に出来そうなマシンですね。
(しかしもう車両数無いだろうな〜)

b0078754_1383536.jpg

[PR]
by iwayoshi44 | 2006-07-19 13:10 | バイク | Comments(0)

趣味(バイク、etc)の日々を綴る独り言。画像の無断転写使用お断り。


by iwayoshi44
プロフィールを見る