<   2006年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

明日から6月

ちょっと前まで寒かったのに、もう6月で夏が近づいてるね〜(その前に嫌な梅雨か)
毎シーズン衣替えのタイミングに悩むけど、もういいよな、近々やろう。
納戸の荷物の奥に自分専用の衣装ケースがしまってあって面倒なんだ、これが。
この衣替えが終わると「ああ、夏が来るな〜」とシミジミ感じる。
年々、月日が立つのが早く変わる気がするし、すっかり歳だね〜。

夏になると我がヤックル(MT−01)は地獄です。
1700ccの空冷エンジンに股がるんだから、真夏にストーブに股がるように暑い!
バイクに興味無い近所のおばちゃん達は夏になると必ず「バイクで走ったら風受けるから気持ち良いでしょ〜?」なんて聞いてくるんだけど、全然逆だよ!
真夏にストーブに股がってヘルメット被るんだし、おまけに受ける風は熱風だもん。
お肌ベタベタ感も倍増ですよ。
走るから気持ち良いってのは季節問わず合ってるけどね。

一昨日生まれた兄貴の子供がクシャミする瞬間、「エッ、キッシ!!」って(加藤茶かっ!)
b0078754_20455780.jpg

[PR]
by iwayoshi44 | 2006-05-31 20:48 | etc | Comments(0)

こんなん出ました〜♪

本日も又又又か?休みになってしまった。
夕べに兄貴から子供が無事生まれたとの連絡あり、埼玉まで行ってきました。
(4人で行ったので車だったけど、好天だったから一人でバイクで行けば良かった)

兄貴は埼玉にマンションを購入したので、面会時間まで少し間があったからお邪魔してきた。
中々良い部屋だ〜、でフェレット&犬をパチリ。
b0078754_20362560.jpg

フェレットの「リュウ」とジャック・ラッセル・テリアの「マナ」です。
この犬のジャック・ラッセル・テリアはご存知映画「マスク」にも登場している犬と同じですね。

で、本日メインの「こんなん出ました〜」はコレ!
名前は、え〜と何だっけな〜、シンって名前だ!どう言う字なのかは聞き忘れました(^^;
ちっちゃくて可愛いね、UFOキャッチャーでも持ち上げられそう(笑)
b0078754_20415568.jpg

[PR]
by iwayoshi44 | 2006-05-30 20:46 | etc | Comments(0)

運動会〜♪

本日は偶然休みだったので、姪っ子の運動会を見に行きました。
みんな何処の子供達も一生懸命で微笑ましかった。
(自称:叔父馬鹿な者で)
b0078754_17205847.jpg


でね、ちょっと驚いたのが最近はお父さんもお母さんもみんな若いんだよね。
子供(悪ガキ)みたいなお父さんや、モデルみたいなお母さんとかさ、外人も居たな。
どっちかって言うとお母さん連中の方が凄いんだよね、若くて綺麗で暑かったせいか露出度の高い服装だし、そんな華奢な体で子供生んだんかい!って感じ。
(まあ全てがそうじゃなかったけどね、それなりな方もいらっしゃいました)
で、校舎の外に灰皿が置いてあって、そこにしゃがみ込んだお母さん達が一服している訳ですよ、最近はみんなローライズだから何処ぞのお母さん連中が半ケツ出してさ。
何だかカッコ悪いね、自分も喫煙者だけども若く綺麗なお母さん達が子供の出番前に一服している姿は悲しいよ。

面白い(と言うか意地が悪そうな)母親も居たな〜。
場所確保してシートに座ったまでは良いが目の前に他のお母さん達が立つもんだから自分が座って見えない、「ちょっとアンタ達座ってよ、見えないじゃない」とかほざいてる。
この状況下で座って見ようなんてのが無理なんだよ。
他にもシート引いて場所確保は良いんだけども、ちょっと(2cm)シートを踏んだだけで怒鳴ってる、良い場所だからみんな集まるじゃん、シートの周りに集まった人達の足下をチェックしてやがる。さらに愛犬(プードル)を連れて来てる親も居て、その愛犬がシートに乗ろうもんなら犬にも怒鳴ってるアホ馬鹿な母親(見るからに性格悪そうな顔してたっけ)。
この二人があんまりにも根性悪いんで面白くてちょっと観察しちゃったよ。
しかもこの二人が隣同士並んで場所確保していた。
「ちょっと〜、見えないから横へズレなさいよ〜!」とか言うと、「それだとこっちが見えないのよ!」なんてバカ同士隣同士言い合ってる。
もうね、見てて呆れるよ思わず「ゴラ〜!アホかババア〜!そんなに座って見て〜んなら脚立でも持って来い!おめえもそんなに自分の確保した場所が大事でチェックしてんなら有刺鉄線でも張って赤外線探知機でも付けやがれ〜〜!!!」とこっちが叫んじゃいそう。
えっ?キレてるかって?.......キレて無いっすよ(爆)

まあ子供の晴れ舞台だから必死なのは分かるけどさ、もう少しギスギスしないで謙虚に仲良くしようよ、沢山来ていた来客者の中でアンタ達二人だけだったよ、そんな感じにしてるの。
[PR]
by iwayoshi44 | 2006-05-29 17:18 | etc | Comments(0)

もの申す。

昔からレースを好きで見ている(TVでね)
でも最近あんまり見ていて(特に今年は)面白くない、飽きたとか冷めたとかじゃなく。
理由はいくつかあるけど、(注)あくまでもド素人な意見ですので。
1に2stマシンじゃなくなったし(4stマシン移行時代から見てもイマイチ感があった)。速いのは良いんだけどハイテクすぎる。
2、各メーカーのエースがハッキリしていない(結果も内容も)以前は何強とか
それぞれ速いライダーが数人いた。
3、前年に活躍したライダーが翌年全く活躍していない(新人が入れ替わりに活躍しているから感情移入しずらい)。
4、以前に比べて日本人参戦者が少ないしイマイチ活躍していない。

1のマシンは時代だから仕方無いけど、やっぱり2stの甲高い排気音が良い。
(単純に2stレーサーが好きって事だけどね)
で最近はハイテクだから各メーカー電子制御の進化が激しすぎる、今のマシンはコレが一番大事と言われている、何だかF−1みたいになってきたな〜。
エンジンブレーキでのRタイヤのロックを押さえるスリッパークラッチや、
コーナーリングや立ち上がりでのスライドを押さえるトラクションコントロールとか、
ボタン一つでエンジン出力や特性を変更出来るとかね。乗り手の占める割合が少なくなっているような気がする。

2と3の理由はリンクしている部分があるけど、HONDAはコイツとかYAMAHAはコイツってエースが結果と内容で毎回違う、しかもその差が毎戦ありすぎるような。
新人ライダーがいきなり活躍するのはマシンが以前とは変わってきているのだろう、
誰でも乗れるマシンになりつつある。新人ほど乗れているようで昨今の感覚のライダー向きなのか常連ライダーは順応するのに時間がかかるのかな?よってあんまり知名度の少ないライダーが勝ってもピンとこない(誰かが一人勝ちする展開よりは良いとは思うけど)
2st500ccマシンの時代は誰でも簡単には乗りこなせない凄さがあって、
選ばれた常人離れしたライダーしか勝てなかったけど、今は新人が勝ってしまう、そう言う意味ではもっと崇高で他クラスからステップアップ組ライダーがビビるぐらいじゃなきゃな〜。
自分的には最高峰マシンは気難しく速いマシンで「あれ乗りこなすんだから、やっぱ世界のトップライダー(数人)は凄いな〜」ってイメージがあったけど、数年前からは各メーカー乗りやすい方向へと以降している、だから(本当に極端な言い方)「ああ、乗れちゃうんだ〜」と。
最近の中で好きなライダーっていないもん。

数年前にM.ドゥーハンが何年も連続チャンピオンになってから、他ライダーとは違う扱いの難しい出力特性のマシンを選んだ理由も、黙々と乗りやすいマシンで勝ち続けるよりも自分への挑戦みたく(気難しいマシンで)走っていた姿には頭が下がります。
1、2、3の理由を総括してもV.ロッシは頑張ってるしレースを盛り上げている唯一のライダーだね、まさにプロフェッショナルと呼べる。

4は書いた通り、数年前はもっと日本人ライダーが活躍していて、レース結果が毎戦気になっていたけどさ。何だか「今回は勝つだろう」と言う期待感が全く無い。

ただプロライダー全て凄いし、現在のMotoGPマシンも誰でも簡単には乗りこなせないんだけどね、単純に視聴者&ファンとして、そう感じてしまう。

近い将来には800ccマシンにして、さらにマシンコストを押さえ、もっと沢山のライダーに乗れてレースが混戦になって面白くなるようにとレギュレーションが変更になるらしいけど、
そう言うレースは各国内レースでやれば良いんじゃないかな、
やっぱり世界GPだし世界最高峰なんだから、それなりのマシンでレースやるべきじゃないかな?
加速、減速、コーナーリングなど全てライダーの技量のみで勝負する凶暴なパワーの2st500ccマシンのレースのほうが面白かったよな。

PS、あくまで個人的主観です。m(__)m 古い世代の人間なんです(爆)
[PR]
by iwayoshi44 | 2006-05-29 00:17 | レース | Comments(0)

洗車

本日は洗車しました〜。
先日のツーリングでの汚れを隅々まで落としてやりました。
ついでにチェーンルブもやったけど所々サビてる、近々RKゴールドチェーンを奢りたい。
以前のバイクはベルトドライブだったから全く汚れなかったのに、
スイングアームとRホイールにチェーンルブが撥ねて汚れるんだよな。
(あ!チェーン張るの忘れた!)

で、今回ツーリング&洗車で気づいた思いついた点。
以前に貼ったカーボンシートが少し剥がれかけてきた、やっぱり丁寧に貼らなきゃ駄目だな。
(思いつきでやっつけ仕事でやったからな〜)
ヘッドライトも暗い、バルブ交換したが基本的改善にはならない、やっぱりHIDが欲しい。
MT-01オーナー間でも話題に挙ってる後方視界確保、バックミラーは振動で見えないし、
以前のビュエルの時も見えなかったけどマジカルレーシングのカーボンミラーは高価すぎるよ、物は良いらしいけどミラーに3万はちょっとな〜(XX)
少しづつ何とか改善して行こう。
b0078754_2025086.jpg

[PR]
by iwayoshi44 | 2006-05-28 20:08 | MTカスタム&メンテ | Comments(4)

ツーリング行ってきました。

昨日はツーリングに行って来た。
ヤビツ峠〜道志〜富士五湖周り〜南アルプス街道と全行程距離500kmほど。
これと言って寄る箇所も決めていなかったので道の駅で休憩程度で走りっぱなしでした。
腰痛もそれほどでもなく(違和感はあったけど)それなりに楽しめました。
我がMT-01(愛称:『ヤックル』 もののけ姫より抜粋)は平均燃費は16〜20kmほどなんだけど、
今回の帰りの高速区間では25km/Lの新記録だった。
やっぱり山間部(富士山周辺)は曇りだとまだ寒いね、日中でも11度で軽装備だったから震えたよ。でも全体を通して渋滞も無く快適に走れた、いや〜楽しかった。
b0078754_14315691.jpg

[PR]
by iwayoshi44 | 2006-05-27 14:34 | バイク | Comments(0)

明日は〜♪

ツーリングへ行ってきます〜。
今回はちょ〜と腰痛の爆弾が不安ですが、楽しんできます。
(初参加メンバーもいるし)
もう、寝まつ。
[PR]
by iwayoshi44 | 2006-05-25 21:31 | etc | Comments(0)

憧れなバイク

もう20数年前学生時代から「いつか乗るぞ!」とず〜っと憧れ続けたバイク。
自分の中で「憧れ」と言えるバイクは絶対にこれ!この先どんなバイクが発売されようと、
このバイクを「憧れ」と言う意味で超えるバイクは無い!ってほどのバイクです。
YAMAHA RZV500Rです。
当時二輪レース界での最高峰500ccマシンのレプリカ中のレプリカ、今となってはツアラーに属するかも。他メーカーライバル車でもHONDA NS400RやSUZUKI RG-γ500などもあったけど、HONDAのマシンは400とすでに排気量でレプリカでは無いし、
SUZUKIのマシンは500版と400版が出ていたから、そこがチョットね。
(でもRG-γ500はYAMAHA以上にレプリカ度は上でスペックも上だし大好きですが)
YAMAHAのマシンは大型免許所持者じゃないと乗れないって部分が大きかった。

スペック的には今でさえ驚くほどじゃないだろうけど(きっと乗ったら拍子抜けするでしょうね)
500cc2stV型4気筒ってだけで凄いよね、走行時の排気音なんて昔のYZRそっくりだし、
速くなくても雰囲気に浸って走れるよ、きっと。
すでに旧車だから労ってバイクなりの乗り方しないとならないバイクだろう、
でも多少は気持ち良くは走りたい、けどそのために自分好みにするには凄く費用が掛かりそう。
(グッドコンディションを保つだけでも金食い虫みたいだし)

何度か購入する機会もあったけど、すでに完調な状態の車両は少なく断念した、
(セカンドバイク購入しないとね)エンジンその物が複雑すぎるからな〜。
でもテール周りのグラマラス感や排気音や、何と言ってもあの4本のチャンバーから「ブワーーン!ブワーーン!」って音&煙を吐き出されたらね〜、もう一発でメロメロですよ。
超・超・超・ちょーーーう憧れのバイクです。
b0078754_0285330.jpg

[PR]
by iwayoshi44 | 2006-05-25 00:32 | バイク | Comments(2)

鼓動@印

随分前からT−シャツやブルゾンやトレーナーに色んなデザインやら考えてアイロンプリントしては自己満足に浸って遊んでました。
MT-01購入から考えていた「鼓動」マークなT-シャツです。
個性的なスタイルなのでパっと見て分かるようなデザインが良いです、
前からならば変形なヘッドライト、横からならエンジン、後ろからならマフラーと悩んだのですが、
やっぱり後ろ姿が一番インパクトあるので、こんなデザインになりました。
我ながら良い出来かな〜と。
b0078754_20345377.jpg

マフラー&テールランプの後ろバージョンは襟元に、黒いネームバージョン(自分の名前を入れる)は袖にと完成しました。
袖部分は貼る時に失敗しちゃったけど。
[PR]
by iwayoshi44 | 2006-05-24 20:38 | らくがき | Comments(0)

大陸横断バイクの旅

ご存知ユアン・マクレガーが役者友達チャーリー・ブアマン(この人はあんま見た事無いけど)と
バイクでロンドンからユーラシア大陸横断〜ニューヨークを目指すドキュメント番組です。
全107日間、約20,000マイルの長距離ツーリング。
以前、WOWOWで放送した時に何話か撮り逃してしまってガッカリしていたのですが、
今回再放送してくれてしっかり録画できました(DVDでも発売しているらしい)

出発前からゴールまでノンフィクションで面白いですよ。
この企画にTVプロデューサーが食いつき映像化決定になりました、
各装備品(バイク、サポート車、備品など)は流石TV局、流石有名人か、
出発前のガレージはSnap-onツールがてんこ盛りで全て各メーカーがサポートみたいだった。
ちょっと羨ましいね、あそこまでサポートしてくれると盛り上がるよ。
バイクは各メーカーに問い合わせ、協力してくれそうだったのはKTMとBMWの2社。
KTMからは急に断られ結局BMW R1150GSに決定(あの過酷さならばBMWで正解だよ)
道無き道を走ったりするから転倒したり思いがけぬトラブルやらと大変そう、
ましてやユアン・マクレガーはほとんどオフロード未経験だから序盤は大苦戦してました。
ユアンとチャーリーとカメラマンの3人バイクで走り、分岐点でのみサポート隊と合流、
どちらも道が悪かったりしるから(舗装路が少ない)計画通りに進まず、特にユーラシア大陸は酷かったね。後々、良い思い出になるだろうな〜。
是非ご覧あれ、お勧めですよ。
b0078754_1038512.jpg


以前にもTVで「矢沢永吉バイクツーリング」や「高知東生&椎名桔平バイクツーリング」とか
放送してたっけ。この手のツーリング企画番組って少ないよな〜、もっとやればいいのに。
きっと歌手&役者の中にももっと沢山バイク好きはいるだろうにさ、
有名人にツーリング(仕事で)だよって依頼すれば、バイク好きなら一つ返事だろうけどね。
[PR]
by iwayoshi44 | 2006-05-24 10:46 | 映画系 | Comments(0)

趣味(バイク、etc)の日々を綴る独り言。画像の無断転写使用お断り。


by iwayoshi44
プロフィールを見る