高い授業料

数年前、ドカティ916を所有していた時のお話。
それは真冬の出来事、予報では明日から雪が降るらしかったので、
夕方に自宅付近に借りている倉庫へバイクを退避させるべく走り出しました。
自宅から5分ほどの距離、走り出して「おや、ハンドリングが重いな?」と感じてましたが、
近場なので深く考えずT字路へ差し掛かった時、右折して早めのアクセルONで気持ち良く立ち上がり、「あれ、よくバンクするな〜」なんて思ってたら肘擦ってました、(膝じゃないよ)
まさに気が付いたら転けてる!状態。
しかも人通りの多いT字路だよ!恥ずかし〜。
何が起こったのか全く分からず、パニックて倒れてるバイクも引き起こせず、
通り掛かりの人が手伝ってくれました。
恥ずかしかったので急いで走りだし、倉庫へ飛び込みました。
倉庫へ到着後、損傷具合を調べるとブルーになるのでチェックもせず、
その日はそのまま自宅へ帰りました。(外装以外は大した損傷は無いだろうと確信していた)

2日後、バイク屋へ修理に行く前に軽くチェック。
走行に関しては問題無しなので自走、右Fウィンカーレンズ大破、右バーエンドちょい傷、
右ステップバーちょい傷、右バックミラーちょい傷、右カウル傷(アッパーは無傷)でした。
ちょい傷部分は交換しなくても目立たない程度だったので安心したが、
一番痛いのは右カウル、見た目ですぐ分かるしカッコ悪い〜。

バイク屋へ到着したら即、「これFタイヤの空気全然入ってないよ」と。
そうなんです、原因はそこだったのです。
T字路を右折時に早めにアクセルをガバって開けたら、
Fタイヤの空気圧が少なかったもんだから急にFタイヤは食いつき、
Rタイヤはホイールスピンしてのスリップダウンだったのです。
(路面温度もかなり低かったです)

5分の行程を走り出して2分で転倒(xx)、修理代はウン万円(TT)
以後、空気圧チェックは怠りません。
バイク屋の人には「高い授業料だったね〜」と冷やかされ、
自分は「俺、体と懐を痛めて覚えるタイプなんですよ〜」と苦笑いでした。
b0078754_19513732.jpg

箱根へと出発前のワンショット。
もう一台YAMAHA FZX750が見えますが、セカンドバイクでした(バブルだったな〜)
[PR]
Commented by yakuwart at 2017-01-12 12:28 x
FZX😲またなんてマニアックな💦
Commented by iwayoshi44 at 2017-01-12 18:05
当時一番安い750だったので。
by iwayoshi44 | 2006-05-13 20:00 | バイク | Comments(2)

趣味(バイク、etc)の日々を綴る独り言。画像の無断転写使用お断り。


by iwayoshi44
プロフィールを見る