東北大地震

何からどんな風に話そうか、まだ頭の中はパニック状態(TVニュースの事やら色々)で地震に関して整理ついてません。

これは現実です。


昨日11日の昼間3時頃か、大きな地震があった。


当日、僕は仕事は定休日でした。
嫁とU介を連れて買い物へ行く前に実家へ行き、1時間ぐらい仕事で使う餌(魚の切り身)を作成していました。


グラグラグラ

最初は「ああ、揺れてるな、地震だよ」なんて気楽に手も止めず構えていました。


グラグラ、グラグラ

長く大きな揺れ、
「あらこれヤバいぞ、みんな表(前の駐車場)へ出て!」
と家族一同、近所のお年寄り1人暮らしの方々を避難させました。
この一回目の地震で停電になりました。

しかもこの数分後にもう一回大きく長い揺れがあり、再度皆を避難させました。
マジで「家潰れる」って思いました。
停電中なのでTVも付かず情報は全く分かりません。


でもこの時点では「あ〜、怖かったなぁ」ぐらいにしか考えていませんでした。


毎週末、妹の子供達(姪と甥)が実家へ泊まりに来るので、買い物がてら車で迎えに行きました。
車中のナビTVのニュースを見て今回の地震の大きさを改めて知りました。
こっちでは震度5強で、震源地付近の東北方面ではM8.8だったらしいです。

道中では多くの人がパニックで表へ出ています、店舗は何処も急遽閉店、信号は停電で交通機関は麻痺していました。
何処を走っても渋滞でしたが何とか妹の家へ付き、子供達も無事でした。

買い物は諦めて急いで帰路へ向かいます。
途中の海に近い川は凄い速さの引き波で激流の運河のようで、海岸線は何処も通行止めで海も干潮が凄いです。
以前お婆ちゃんが言ってた事を思い出しました「関東大震災の前は港の海水が引いて無くなり、向こう岸まで歩いて行けた」と。
まさにそんな引き方でした。

その間もナビTVのニュースでは信じられない光景がリアルタイムで実況されています。
渋滞中に見たTVニュースでは『津波が間もなく到達するであろう港に設置された無人カメラ』からの映像で、
よくある意外と穏やかな港の風景で内心「どうせ多少数センチ潮が上げる程度な映像だろう」と思ってました。

が!

港内にアっと言う間に海水が溢れ?
大型漁船が津波で陸に押し上げられ転覆しています、海岸付近に停車している沢山の車も流されていました。
驚きです、これはリアルタイムです。

この映像を見たら他人事じゃありません、
港に置いてある船が心配で急いで嫁や子供達を実家に降ろして港へ向かいました。


同業者達は地震発生&津波警報と同時に船を港内から出して津波に備えていました。
大津波警報が発令されたようです。
出遅れた僕は船のエンジン始動し湾内待機、その後も津波らしき物は無いまま陽が暮れました。
まだ市内は停電中なので闇が街を飲み込んで行きました。


真っ暗です。

船の回転灯や灯火を全て付けて待機してました。
b0078754_20261230.jpg


時折、赤い回転灯とサイレンを付けた消防車やパトカーが警戒に走っている。
海岸線全線は避難勧告、通行止めと注意を呼びかけていました。

街の放送では停電の復旧のめどは立っていませんと、相変わらず車のナビTVじゃないとニュースが見れず状況も分からず不安でストレスが溜まる待機です。

ただ東北方面は最悪な状態で、こちらは思ったほどの被害が無いけども全く気を抜けないと言う雰囲気だけは街全体に伝わっていました。
それは停電で真っ暗になった街と合わせて『恐怖感』と『緊迫感』です。

夜7時半頃になっても津波な雰囲気が無さそうだし家族が心配なので船から降りました。

実家から自分のアパートへ帰る途中に一件だけコンビニがやっていました。
店内は真っ暗ですが店員さん達が必死に対応していました。
とりあえず食べ物と乾電池をと思いましたが、弁当おにぎりパンなどは品切れ、乾電池やロウソクも品切れでした(市内の何処にもすでに品切れ状態らしいです)。
店員さんは奥の倉庫から大きな声で「カップ麺は残り1ケースで〜す」と。
急いでカップ麺を買いました、他はほとんど売り切れの空っぽ状態。
まるで映画のような文明社会の崩壊を感じました、ここまで自分の周りの世界が追い込まれているとは。

アパートへ戻っても停電だし暖房器具も無い。
アパートでお湯を沸かしポットに写し車内でカップ麺を食しました、ここなら暖かいしTVも見れるので暫く車内に留まっていました。

U介は停車内に飽きてしまい部屋へ嫁と戻りました。
僕はTVニュースを見ながら時々走り回って様子見ていましたが、やはり船が気になるので何度も港へ行きました。
途中、海岸線通行止めで警察官に止められました。
僕は「港に船があるので気になるから見に行きたいんだけど」。
警察官は「危険ですから止めてください、船より命のほうが大事です」と改めて現状の緊迫感を知らされました。
まだまだ昼からず〜と夜間まで湾内はベタ凪状態です、でも先程の宮城県の港の映像を思い出すと安心していられませんね。急に来られたら逃げられないのでもう何かあっても船は諦めようと覚悟を決め、そのまま部屋へ戻りその後は部屋から出ませんでした。

部屋に戻るとU介はロウソクの火が楽しいらしく遊んでいて不安がっていなかったのが幸いでした。
でも停電なので暖房無し風呂も駄目、TVやパソコンも駄目、寒いので早めに布団に入り携帯のワンセグでニュースを見ていました。
時折、余震があったり市内放送で停電の復旧のめどは立たないと言うのみで眠りが浅いまま。

朝になると停電は復旧していました。
早速TVを付けると震源地の東北方面はエラい事になってます。
今回の地震&津波で各方面色々な方々からご心配メールを頂き励みになりました、ありがとうございます。
でも実際は僕の地元に関しては殆ど影響無かったと思います、停電や交通機関麻痺はありましたが被害ってのは無かったんじゃないかな。
でもニュースを目にすると手放しに喜べません、未だに東北方面は余震もあり全く油断できない状況らしいです。
国内観測史上最大級のM8.8の地震、
お婆ちゃん(95歳)は過去地震は沢山あったけど地震の津波でこれほどの大きな被害は無いと言ってます。


大勢の方々が被害に遭われたようで死傷者行方不明者合わせて1,500人とも言われています。
被害に遭われた多くの方々にお見舞い申し上げます。

今回の件で自分も含めて周りの状況もですが、危機感が足りないなと自覚しました。
色々と勉強にもなりました。

天災は怖いなぁ、人間社会なんて脆い。
[PR]
Commented by Gonz@les at 2011-03-12 23:02 x
お仕事お仕事だけに心配してましたよぉ。とにかくよかったっす。
テレビでの映像は無残なものですね。今自分が生きてることに感謝です。あらためて亡くなった方々のご冥福をお祈りしたいと思います。
Commented by iwayoshi44 at 2011-03-13 10:13
Gonちゃん
こっちは無事でした。
東北方面の被害が凄いので手放しには喜べませんが、家族親族や身の回りでは事故は無かったです。
Commented by omatsurihonpo at 2011-03-13 15:32
ご無事でなにより♪
被害最小でひとまず安心しました
Commented by rocketiiidash at 2011-03-13 17:36
あんなに長く揺れた地震は初めてでした。
結局M9.0ということらしいですね。恐ろしいことです。
決してひとごととではなく、国民全員で復興を考えるべきでしょうね。
Commented by iwayoshi44 at 2011-03-13 19:06
おまつり本舗さん
家族皆無事です、津波の被害もほとんど無かったです。
ご心配おかけしました。
おまつり本舗店も深夜中帰宅出来ない方々に解放したと聞き、とても立派に思います。
皆で助け合わないと駄目ですね。
Commented by iwayoshi44 at 2011-03-13 19:08
rocketiiidashさん
そちらも大丈夫でしたか?
国全体で力を合わせないと駄目ですね、TVニュース見て涙しながらも被災地の方々にエールを送っています。
Commented by masamitsu at 2011-03-13 22:39 x
ご家族含めてご無事で何よりでした。
U介くんも落ち着いてるようでよかった。

明日から輪番停電の様子ですので充電の必要な機器はお忘れない様。

天災は恐ろしいですが群集心理の人災も同じく恐ろしく感じています。
みんな早く落ち着いてくれればいいのですが。
Commented by iwayoshi44 at 2011-03-14 08:28
masamitsuさん
ありがとうございます、こっちは揺れはあったものの海からの災害はほとんど無かったと思います。
今後の対応で国全部がパニクってますね。
Commented by sano-y at 2011-03-14 12:39
東海大地震が予想されてて海の近くで半径10km以内に原発があるところに住んでる者としては、今回の出来事は対岸の火事ではありません。
Commented by iwayoshi44 at 2011-03-14 14:20
sanoさん
出来るだけ起こるかもしれない不備に備えたほうが良いですね。
僕も今日『もしも』に備えてカバンにパッキングしています。
by iwayoshi44 | 2011-03-12 21:08 | etc | Comments(10)

趣味(バイク、etc)の日々を綴る独り言。画像の無断転写使用お断り。


by iwayoshi44
プロフィールを見る