天才の作品を天才がリメイク

浦沢直樹『プルートウ』
b0078754_18171070.jpg

知人に借りて読んでみたら、そら恐ろしいほどの面白さ。
なんでこの作品に今まで気付かなかったんだろ、数年前じゃん。
全てがガツンとツボにハマった。

手塚治虫の鉄腕アトムの中の『地上最大のロボット』と言う一話をリメイクした作品です。
普通にアレンジ&リメイクじゃないあたりが流石だなぁ、やっぱプロ。

20世紀少年(原作)も腰抜かすほど面白かったけど、これも凄いなぁ、なんか衝撃をドーンと受けました。
なんて言っても着眼点が凄いよ。

天才の作品を天才がリメイクしたんだなぁ。
[PR]
Commented by yamaran31 at 2010-10-02 23:57
これ僕も読みましたよ!
ゲジヒトの死はショックでした。。。
Commented by 峰風(SS992) at 2010-10-03 07:53 x
この作品は最初、ゲジヒトの目線で語られます。

だから、原作での最終決戦、対ボラー戦の時に既に破壊されて
しまっていたゲジヒトを出す訳にはいかず、自分の子供も
思う様に持てないロボットの悲哀を軸とするサブ・ストーリーで
描かざるを得ず、あの様な悲しい結末を迎えなくてはならなかった
のでしょう。

 しかし、ゲジヒトの生き方は苦悩しつつ、自分の責任を果たす
真に漢の生き方のそのものでした。

いや、ノース2号もブラントもヘラクレスもイプシロンもモンブランも
プルートゥやブラウ1589さえも皆、漢でした。

そんな中でアトムは少年でした。
しかし、ゲジヒトやプルートゥと触れ合う内に漢になります。

久しぶりに骨太でかつ繊細な物語を読んだ気がします。

Commented by iwayoshi44 at 2010-10-03 16:48
yamaran君
僕はその前に元ネタのアトムを読んでたから話の大筋は知ってたからちょっと残念でした。
何の予備知識も無しに読み出したかったなぁ。
Commented by iwayoshi44 at 2010-10-03 16:53
峰風さん
そ〜なんです、僕も後半のアトムを子供って感じなかったんです。
みんな悲しい最後で切なかったですが、個人的にノース2号がたまりませんでした。
by iwayoshi44 | 2010-10-02 21:48 | etc | Comments(4)

趣味(バイク、etc)の日々を綴る独り言。画像の無断転写使用お断り。


by iwayoshi44
プロフィールを見る